介護系転職・求人情報・介護のお役立ちネタを発信する情報サイトです。当サイトは、10年以上介護職員として経験を積んだライターが、それぞれの立ち位置から介護業界への想いを込めて作り上げたコンテンツを中心に掲載しております。

介護イズム

介護の基礎知識

ICT・IoTが創る新時代の到来と介護業界の将来性

投稿日:2018年8月29日 更新日:

1.ICT・IoTの進展がもたらす2030年代の姿


最近、ICTやIoTという言葉をよく耳にしますよね。

ICTとは「情報通信技術(Information and Communication Technology)」のことで、例えば、スマートフォンやタブレット端末に活用されているような、情報処理・情報通信分野の関連技術の総称です。

また、IoTとは「物のインターネット(Internet of Things)」のことで、例えば、従来ネットワークに接続されていなかったテレビをインターネットに接続するように、様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され、情報交換することにより相互に制御する仕組みです。

近年、急速な進化を遂げてきたこれらの技術は、今後も益々発展をしていくことが見込まれており、私たちの生活に大きな影響を及ぼすであろうと言われています。

2018年4月、総務省は、情報通信審議会(総務大臣の諮問に応じて、情報の電磁的流通に関する政策の重要事項等を調査審議し、総務大臣に意見を述べる審議会)の傘下に設置している委員会の中間とりまとめとして、2030~2040年に向けた情報通信政策のビジョン「未来をつかむTECH戦略」を公表しました。

この報告の中では、2030年代に実現したい未来の姿として、ICT・IoTの進展がもたらす生活の変化のイメージが記載されています。例えば、複数の仕事に就き、どこにいてもスイッチ一つで職場に切り替えて仕事ができる「職場スイッチ」や、自動運転の空陸両用タクシーが近中距離の輸送手段に成長した「クルマヒコーキ」など、どれもワクワクするような内容ばかりです。

2.2030年代における医療・介護分野の技術革新


では、2030年代の医療・介護分野は、ICT・IoTの進展によってどのように変化することがイメージされているのでしょうか。前述の総務省「未来をつかむTECH戦略」から少しご紹介しましょう。

医療分野に関係するものとしては、「どこでもドクター」というイメージが描かれています。
現在、健診などで収集している脈拍、血圧、体温などのバイタルデータを、蚊に刺されるときのように意識しないままデータ収集してくれるモスキートロボや、自宅のトイレに設置したデバイスで日々の排泄物の成分を自動分析してくれるトイレセンサーなどで簡易に収集し、病院内で連携して問診や検査を省力化しています。

また、薬は個人のバイタルデータを元に精製され、ドローンで配送されます。異変が見つかった場合は、AIが簡単な診断を行い、専門医に伝えて早期治療を行います。

このように、ICT・IoTを利活用した医療技術の発展により、身体のメンテナンスや疾病の早期発見・早期治療など、医療の向上が図られることで、平均寿命の更なる延伸も期待されるでしょう。

介護分野に関係するものとしては、「健康100年ボディー」というイメージが描かれています。そこでは、80歳~100歳の高齢者が補助アームや補助レッグを装着して歩行をサポートしつつ、ハイキングをしている情景が描写されています。

現在の介護現場においても、ロボット技術を応用した介護アシストスーツが導入されつつありますが、更に進化し普及が進むと、高齢になっても若い頃と同じように身体を動かして、望むままに行動できるようになるという、実にポジティブで画期的な未来が想像できるのです。

3.介護業界の将来イメージが変わる可能性


現在、介護業界で働くことについては、体力的・精神的に負担が大きく、給与水準が低いというイメージを持っている方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

一方で、介護業界は他産業と比較するとICT・IoTなどの技術の利活用が遅れている業界でもあり、今後、十数年程度で働き方が大きく変化する余地が大きいといえます。

例えば、今後、最新技術の利活用が進むことで、人間とその他の技術が担う仕事の機能分化が図られる可能性があります。そうなれば、人間はコミュニケーションのような人間が得意とする業務に注力し、体力や精神力を浪費する負担の大きい仕事は最新技術が代替、あるいはサポートによる負担軽減をしてくれるようになるでしょう。

また、ICT・IoTなどの技術を利活用することで、生産性が向上し職場環境の改善が図られることや処遇改善(賃金アップ)が進む可能性があり、これらが人材不足の解消に寄与することも考えられるでしょう。

このように考えると、ICT・IoTの進展に伴い、体力的・精神的に負担が大きく、給与水準が低いという介護業界のイメージが払拭され、働きたい職場としてマインドセットされるときはそう遠くないのかもしれません。

4.まとめ


スマートフォンで音楽や動画を視聴し、パソコンのようにインターネットが使えるようになる未来は、ほんの十数年前までは誰も考えられないことでした。

同じように考えると、この先の十数年でICT・IoTの進展がもたらす働き方の変化は誰も予測できないのかもしれませんが、多くの場合は働く人が便利になる方向に作用し、ICT・IoTの導入が遅れている業界ほどインパクトが大きいであろうことは想像に難くありません。

そして、介護業界はこのような特徴をもつ業界の一つと言えるでしょう。

参考資料:http://www.soumu.go.jp/main_content/000549839.pdf

当サイトで調査したおすすめの転職エージェントサイト・派遣会社サイトのランキングをまとめました!
介護の転職やお仕事探しにお悩みの方は、ここから登録することをオススメします。

オススメの介護系派遣会社はこちら!

1位.スタッフサービスメディカル

↓ 公式サイトを見てみる ↓

スタッフサービスメディカルはほぼ日本全国でオススメ!

スタッフサービスメディカルは、ほぼ全国に事業所を保有する大手です。

スタッフサービスメディカルの取り扱う求人は、ほとんどの都道府県で幅広く取り扱っているので、以下エリアで就職・転職をご検討されている方は登録利用を検討した方が良いでしょう。

  • 首都圏・関東エリア…東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・茨城・群馬
  • 関西エリア…大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀
  • 東海エリア…静岡・愛知・三重・岐阜
  • 北陸・甲信越エリア…長野・富山・新潟・石川・山梨・福井
  • 九州・沖縄エリア…福岡・熊本・宮崎・鹿児島・大分・長崎・佐賀
  • 中国・四国エリア…広島・山口・岡山・愛媛・香川・島根・徳島・鳥取・高知
  • 北海道・東北エリア…北海道・宮城・福島・山形

スタッフサービスメディカルに登録するメリット

繰り返しになりますが、スタッフサービスメディカルは全国各地に豊富な求人を保有しているので、介護派遣のお仕事をしたい方すべてにオススメできる大手人材派遣会社です。

スタッフサービスメディカルは、無資格・未経験の業界初心者のサポートに力を入れているのが特徴です。
登録者の半数を超える55%が他業種からの転職組であり、派遣として働く人たちは20代から60代以上と幅広い年齢層が活躍しているので、介護知識・経験が全くのゼロの方でも、安心して登録できます。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

2位.きらケア派遣

きらケア派遣は、転職業界で高い実績のあるレバレジーズキャリアが運営する、介護系求人を取り扱う派遣サイトです。

登録対応地域は、北海道・宮城県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・静岡県・大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・広島県・福岡県になっていますが、年々拡大傾向にあります。

およそ20,000件以上の公開求人だけでなく、派遣登録者限定に紹介される非公開求人も取り扱っているため、なかなか希望に合う求人が見つからない方にオススメの派遣サイトですね。
時給1,700円以上の好条件求人を取り扱っているので、派遣で働くなら登録しておきたい人気の派遣会社です。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

オススメの介護系転職エージェントはこちら!

1位.マイナビ介護職

「マイナビ介護職」は、求人サイトでお馴染みのマイナビが運営する転職エージェントサイトです。

大手マイナビならではの情報収集力によって、求人の質が良く、結果的に多くの求職者から支持を集めています。

対象地域は、東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫になります。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

2位.きらケア(正社員紹介)

レバレジーズキャリアの運営する転職エージェントサイト「きらケア」では、求職者の細かいこだわり条件にも対応できる豊富な求人を取り揃えています。
とくに、介護の転職でネックとなる施設内の人間関係に関する情報において、担当エージェントが網羅しているため、ブラック施設へ入所するリスクを最小限に抑えることができます。

面接の場において、自分からは言いだしづらい待遇面の交渉に関しては、担当エージェントと無料登録後に行うヒアリングで、あなたの希望条件を細かく伝えるだけで、後の交渉は代行してもらえるメリットがあります。
「なるべく転職活動で失敗はしたくない」と考えている方に、きらケアへの登録はオススメできますね。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

3位.スマイルサポート介護


スマイルサポート介護は、国内最大級の求人数を保有していると言われている、最大手の転職エージェントサイトです。
もちろん、ウェブ上では非公開の求人も、登録後は紹介を受けることが可能です。

求人は、正社員求人だけでなく、派遣やパート、契約社員や紹介予定派遣まで、あらゆる雇用形態の求人を取り扱っているため、幅広いニーズに応えられるところが特徴ですね。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

 

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区

↓ 応援クリックお願いします! ↓

-介護の基礎知識

Copyright© 介護イズム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.