介護系転職・求人情報・介護のお役立ちネタを発信する情報サイトです。当サイトは、10年以上介護職員として経験を積んだライターが、それぞれの立ち位置から介護業界への想いを込めて作り上げたコンテンツを中心に掲載しております。

介護イズム

介護の転職

もう人間関係で悩まない!介護士が職場見学で絶対に転職してはいけない施設を見破る方法

投稿日:

介護士が退職を考えるときの一番の理由は人間関係です。世間で取りざたされる重労働や、薄給が理由で退職を考える人は少ないんですよ。

人間関係が良好な職場は、仕事の辛さや給料の安ささえカバーしてしまうということです。人間関係はそれほど重要。

実際、介護労働安定センターが実施した平成28年度介護労働実態調査でも、介護関係の仕事を辞めた理由として、人間関係と答えた人がもっとも多く、全体の23.9%を占めています。

人間関係が理由で退職をする介護士が多いということは、人間関係が良好な職場を探せば転職を繰り返さなくてもよくなりますが、それが一番の難題。

職場の内部事情は、働き始めてみなければわからないことが多く、わかったときには、時すでに遅し...。というのが現状です。

介護の世界はまだまだ女性の職場で、女性特有のドロドロとした人間模様が施設の中で繰り広げられていることは多いです。そのような、劣悪な人間関係の中でストレスは溜まる一方。結果として、退職することで自分の置かれている環境を変えるしかない状況に追いやられるのです。

そして「次はきっといい職場に違いない。」と願って転職してはみたものの、やっぱり似たような人間関係で悩まされることがあっては悲しすぎます。転職するということは、その都度リスクも伴うわけですから。

そんな、入職してみなければ、どうなるかなんてわからないといったギャンブルのような転職は、何がなんでもストップさせたい!そのためにも、入職前に職場見学をして、あなたにとってよい職場なのか?それとも違うのか?を見極めることが大切です。

見極めが大切なのはわかるけど、いったいどこをどんなふうにチェックすればよいのでしょうか?

そこで今回は、施設見学のときに絶対に転職してはいけない施設を見抜くためのチェックポイントについてお話します。

それらを踏まえて施設見学すると、その施設の人間関係や内部事情までもが見えてきますよ。

常に職員募集している施設

私は、転職しようと思っていなくても、たまに転職サイトを見ることがあるのですが、常に募集している施設というのがあります。そんな施設は要注意です。要するに職員が定着しない職場だということです。このような施設は、転職先としては不向きですよね。

先ほども述べたように、退職理由の第一位が人間関係という結果をもとに話をすれば、職員が定着しない会社イコール、人間関係でのトラブルが頻繁に発生する職場である確率が高いということになります。

まずブラック施設は職員が定着しないため常に求人が出ていることが多いです。またすぐに入っても辞めてしまうなどの理由から求人が出ている頻度も高いです。こうした背景から毎月求人を出している施設やよく見かける施設にはよく注意をした方がよいです。また、毎月求人が出ているような企業はチェックしておき、その企業が運営している別の施設も同様に警戒しておきましょう。

引用元 もう失敗しない!介護士の転職ノウハウ

介護の仕事は、チームワークを求められることが多くあります。お互いに連携し合って入居者様のケアをしていくのですが、職員の入れ替わりが激しい職場となると、新しい職員と連携が取れるまでにも時間がかかるでしょう。

やっと慣れてきたころに辞めていくようでは、年中チームワークが取れない中で仕事をする羽目になってしまいます。効率の悪い仕事になれば、残業になってしまう確率も増えてしまいます。常にこんな状況ではストレスが溜まる一方です。

関連記事:
【ツラい残業から逃れたい!】介護士はサービス残業が少ない職場で賢く働こう!

面接時に「いつから働けますか?」と聞いてくる施設

介護以外の世界では「いつから働けますか?」という質問が、採用を約束される質問ではないというのが一般的なようですが、介護の世界では「いつから働けますか?」と聞かれたら、イコール「すぐにでも来てほしい。」と思って間違いないです。

これ本当にダメです。面接に来ているのに「いつから働けるのか?」と聞いてくるなんて、相当な人手不足です。この状況は、急な退職者がでたことが理由。(そこまでしてでも今すぐ辞めたい理由がある会社)

もしくは、引継ぎの時間を設けたら、その期間は給料がダブルで発生することを会社が渋っていることが原因です。給料を渋るとなると、職員を大切にしていないだけでなく、入居者様のことも大切にしていない会社であることがわかりますよね。

そんな会社だと人手不足も切実。働く環境がそのような状態では、人間関係が良好に保てているとは考えにくいです。

簡単な質問を2、3点しただけで「いつから来られる?」と聞かれたことはありませんか? とにかく人手が欲しい!誰でも良い!という状態かもしれません。

引用元 介護のお仕事研究所

恥ずかしい話ですが、数年前に私自身が施設長をしていたとき、すぐにでも職員がほしくて、この質問を面接のときにしていた時期がありました。すぐに来れるなら誰でもいい!まさにこれでしたね。

現場から「早く人入れて!」とつつかれ慌てていました。人員基準は満たさなければいけませんから、休み返上で出勤しなければいけない職員がでてくるのです。現場が早く新人がほしいのは当たり前です。

しかし、すぐに来れるなら未経験でも採用するので職員はそろいますが、未経験の新人ばかりになってしまい「だれでもいいわけじゃない!」と、結局は現場からの苦情は殺到。

もちろん、未経験の方でもいい人はたくさんいますが、指導期間が長くなるので「職員が増える」=「人手不足が解消される」と上手くいくものではありません。

指導のために余計に人が取られてしまい、もともといる職員のストレスはマックスに!新人は職場環境が悪いと感じすぐ退職していくといった悪循環になるのです。

こんなことを繰り返している職場では、人間観関係も劣悪な場合が多いです。

関連記事:

職員の年齢層が高い施設

年齢が高いからといって、そうとは限らないのですが、年齢が高くなるにつれて人間というものは、どうしても考え方が凝り固まっていきます。世の中、いつの時代も年配の方より若い方のほうが考え方が柔軟なものですよね。

年齢層が高い方が多い職場は、考え方が柔軟でない者同士の意見のぶつかり合いが多いです。結果、派閥のようなものができやすく、出勤のたびに誰かが誰かの悪口をいっている場面にでくわすのです。

こちらとしては、どうでもいいような話ですがそんなこともいえませんし、変に同調してしまえば、巻き添えを食らいかねません。

入居者様のケアのことで、頭を悩ませるなら介護士冥利に尽きますが、同僚のことで頭を悩ませるなんて、ストレス以外の何ものでもないですよね。

また、介護方法のひとつを取っても、自分が正しい!と思っているだけならよいのですが(極端な場合は、自分しか正しくないといったニュアンスの発言をする人も)、それを他の介護士にまで押し付けるようなこともあるのです。

少しでも自分と違う移乗の仕方をしている新人をみると、遠くからわざわざ文句を言いに来るベテラン。

引用元:介護職を辞めたい理由・ストレスの原因は?悩みの解決策とよい職場へ転職する方法

その昔、介護士が「寮母」と呼ばれていた時代から働いている大先輩ともなると、介護も時代とともに変化しているにもかかわらず「ついてこれていない」もしくは「あえてついてこない」といったことが起きてしまいます。

平気で「私はね!この人にやってあげてるのよ!」「わがままを聞いていたらつけあがる。」と口を開く大先輩は残念ですがいます。

施設としての教育や研修環境が整っていれば、このような状況もフォローできるのでしょうが、そこまで手が回っていない施設が多いのも現実ですし、年齢とともに考えが凝り固まってしまうことも悲しいかな現実です。

関連記事:
介護現場でよくある悩み!年上新人の教育って難しい!!

注目すべきは、対応してくれている人じゃない!働いている職員を見るべし!

見学対応する人は、施設長や主任クラスの人でしょう。見学対応も慣れているでしょうし、施設のよい面をたくさん話してくれると思いますが、理想的な話や現実的でない話ばかりをするようであれば、信じすぎてはいけません。

そして、見学対応してくれている人の話より信じられるのは、そこで働いている介護士の生の声です。しかし残念なことに、見学に行っても、そこで働いてる介護士の声を直接聞けるチャンスはほとんどありません。

万が一、話が聞けたとしても、見学対応をしている人の前で正直なことを話すとは思えませんよね。

けど、間接的になら聞くとはできますよ。施設内を見学して歩いているときに浴室から聞こえる職員の声や、居室から聞こえてくる声を聞き逃さないことです。

介護士と入居者様のやり取りを聞くと、その施設の介護の質が見えてきます。質のよい介護を提供できる介護士が多くいるということは、施設全体の質もよいということになります。

入居者様に頭ごなしないい方をしているような施設はよい施設ではありません。
特に、職員同士が入居者様そっちのけでこそこそと話をしているような場合、仕事そっちのけで話さなければいけない事情があることも考えられます。

どんな施設でも悩みはつきものですが、仕事そっちのけで話をしなければいけないほどの問題山積みの施設、もしくは仕事の手を休めて、こそこそと話をしても何もいわれないような指導が行き届いていない施設に転職してはいけません。

施設の中の雰囲気です。言葉で表現しにくいものですが、シーンと静まり返っているのか、談笑が絶えず穏やかなのか、くらいの違いは30分も施設の中にいるとわかってきます。入居者や職員の会話も要チェックです。入居者と職員の会話がほとんどない、職員のおしゃべりが多い、あるいはとてもそっけない施設はおすすめできません。

引用元:日本ユニットケア推進センター

まとめ

転職前に施設見学したからといって、その施設の細部までを把握するのは簡単ではありません。しかし、ポイントを抑えて見学にのぞめば、見えてくるものは必ずあります。

「人間関係はどこに行ってもあるもの」という人は多いですし、たしかにそうだと思います。しかし、チームワークを求められる介護の現場では、ちょっとした人間関係のもつれがチームワークを乱します。

それが原因で、仕事の効率の悪化をまねき、より人間関係が悪化していくといった悪循環。

また、女性が多い職場特有の派閥問題もからみあい、介護現場の人間関係はとても複雑なのです。

しかし、そんな職場ばかりではありませんし、今より働きやすい環境は必ずあります。そのためにも、職場見学で上手に情報収集をして「人間関係で悩まない職場探し」を成功させてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

kaolin

今年で介護職歴20年目の介護福祉士です。 離婚後、無資格未経験で介護の世界に飛び込みました。 当時は、実務経験3年で介護福祉士の試験を受けられましたので受けてみたら一発合格できました。 老健・グループホーム・訪問・サ高住の経験があります。 3年前から障害者福祉の世界でサービス管理責任者をしています。 高齢者介護と障害者福祉の違いに悪戦苦闘していますが、仕事は常に楽しいと感じています。

-介護の転職
-,

Copyright© 介護イズム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.