介護系転職・求人情報・介護のお役立ちネタを発信する情報サイトです。当サイトは、10年以上介護職員として経験を積んだライターが、それぞれの立ち位置から介護業界への想いを込めて作り上げたコンテンツを中心に掲載しております。

介護イズム

介護の転職

無職のあなたが介護の業界で働くということ

投稿日:2018年6月21日 更新日:

高校、もしくは大学卒業後になかなか就職が決まらず、訳あって無職の状態が数年続いていると、なかなか就職が決まらないものです。

そして面接で
「ちょっとブランク長いね。」
「就活したの?本気で?」
などと言われ恥ずかしい思いをしたことはありませんか?

きちんとした理由があっても、最終学歴以後の無職期間は自分の心にも制限をつけてしまい、社会から取り残されたような気持になります。

でもそんな無職期間が長かった方でも安心!
介護職へ転職すれば、勤務年数3年で管理職も夢じゃありません!
資格取得にもお金がかからず、自分らしく働くことが出来るんです!

最終学歴が無職でもネックにならない介護職

介護業界はいま慢性的な人手不足です。
人手不足から介護の現場は荒れに荒れ職員の精神も荒廃し、一時期テレビでは施設職員による高齢者の虐待や遺棄致死などの悲しいニュースが絶えないほどでした。

現在では、介護職員に対する処遇改善対策により、給与面での改善があったので、多少は介護職員の職場でのストレスは減ってはきましたが、高齢社会となった日本で利用者・入居希望者が急増している今、需要と供給のバランスはとれていません。

そんな経緯もあって、現在「サービスの質の向上」と「職員の確保」に国が全力挙げている介護業界。最終学歴が無職であっても、やる気があれば採用し、働くにあたって不安にならないようイチからきちんと研修を行い、丁寧に職員を育てています。

就職難で悩んでいて無職の壁に直面していても大丈夫。介護職なら面接で受かれば、無資格でも積極的に採用しています。
「専門職なのに無資格でもOK?」とちょっと気になるかもしれませんが、たとえば、サービス付き高齢者向け住宅・有料老人ホームでは、入居者募集の際「24時間スタッフが見守り」などと広告を打っており、核家族化の現代において見守りやステーション待機も介護職員としての立派な仕事なのです。

また、私は介護業界に10年居た経験があるので良く知ってますが、実際に介護を要する高齢者は、技術と知識はあるけど愛想が無い職員よりも、頼りなくても一生懸命介護してくれる職員を望んでいるのです。

経験年数は大切かも知れませんが、それだけが介護にとって大切なことでは無い!という事実を介護職で働いている職員もよくわかっているので、正社員として入った場合、介護職の方が他の職業に比べ、上司や同僚に大切にしてもらえることは間違いありません。

無職コンプレックスを資格取得することで解消!

介護業界の資格取得システムは、誰でも簡単に取得ができるようになっています。
まず介護の入門である「介護職員初任者研修」です。

初任者研修は、介護の事を知らなければ高齢者に触れたことも無い方でも分かり易いように、イラストを使った明瞭なテキストで介護や高齢者のノウハウを優しく覚えることができる研修です。
しかも、初任者研修は、お金が無くてもやる気があれば、無料もしくは交通費とテキスト代だけで取得することが可能なんです!

初任者研修の受講料を無料にするには、以下の方法があります。

  1. ハローワークの職業訓練を受ける
  2. 人材派遣会社の紹介経由で、働きながら資格取得をする
  3. 就職先で順次開催されている初任者研修を受講する

関連記事:

1.ハローワークの職業訓練を受ける

まず、一つ目の方法は、厚生労働省認定の職業訓練施設にて開講されている初任者研修に参加する事です。

求職者支援制度の措置により、受給資格をクリアしている方だけがハローワークを通じてこの研修を受けることが出来ます。

2.人材派遣会社の紹介経由で、働きながら資格取得をする

次に、二つ目の方法は、人材派遣会社に介護職員希望で登録し、働きながら初任者研修を受ける方法です。

一定期間、派遣会社の紹介を通じて勤務することを条件に、派遣会社が研修に必要な費用を負担してくれます。
資格取得以後、職の幅が広がるだけでなく、人材会社から希望の条件に合った仕事を紹介してもらえるのが嬉しい点です。

3.就職先で順次開催されている初任者研修を受講する

最後の、三つ目の方法は、就職後にその会社のスキルアップ制度に準じて初任者研修を受ける方法です。

介護業界では社内に既に充実した資格取得制度があり、初任者研修を随時行っている就職先ががあります。就活の際に資格所得制度に焦点を当て、無資格OKの会社を選んでください。

資格取得によりオムツ交換、移乗移動介助、入浴介助といった身体介護が可能となり、夜勤もできるようになります。仕事に自信が持てるだけでなく、周囲の信頼の獲得も出来ます。

様々な勤務形態から選べる働き方

上述したように、無職でも資格を取得することで、少しは自信が湧いてくるでしょう。

しかし、いくら資格を取得して、介護業務について学んだとしても。
「本当にちゃんとやれるだろうか」
「施設によっては夜勤は慣れたら1人だというけど、怖い。」
といった介護の仕事に対する不安は残りますよね。

だったら最初は短時間勤務の派遣パートや非常勤での勤務から徐々に慣らしていってはいかがでしょう?

介護士としてスキルアップを目指すには、最低3年の勤務年数が必要ですが、3年働こうと思ったら最初から無理をしては体も心も続きません。
最初は4~6時間といった短時間勤務。夜勤なしで就労し、きちんと初歩を学ぶ。これも介護職で長く働く1つの方法です。

幸い介護業界は勤務形態のバリエーションが豊かで、パートでも2時間~勤務できる施設もあります。

私自身が最初に勤務したグループホームには早出・日勤・遅出・夜勤がありましたが、1歳未満の子供がいたので夜勤免除にしてもらい、夜勤以外のどれかの勤務でシフトを組んでもらっていました。

施設によっては最低6時間勤務というところもあるので、募集要項をよく見て面接を申し込みましょう。

まとめ

現在介護職員は大変不足しており、国外から介護職員を要請するほどです。ですから初任者研修のみでも就職・転職するには十分な資格といえます。

徐々に介護職について学んでいく事で、自分に合ったペースで次のステップアップへ繋げていくことが出来ます。是非積極的に経験を積んで、研修を受け、資格取得に向けて取り組みましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fnao

介護士としての経験は、グループホーム2年・有料老人ホーム2年・デイサービス2年・訪問介護4年・サービス付き高齢者住宅2年と多岐にわたります。 スキル➡介護福祉士、介護予防運動指導員

-介護の転職
-,

Copyright© 介護イズム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.