介護系転職・求人情報・介護のお役立ちネタを発信する情報サイトです。当サイトは、10年以上介護職員として経験を積んだライターが、それぞれの立ち位置から介護業界への想いを込めて作り上げたコンテンツを中心に掲載しております。

介護イズム

介護のお仕事

辞めない新人教育虎の巻!うまくいっている介護新人教育の仕組みを大公開!!

投稿日:2018年8月14日 更新日:

「ちょっと厳しく指導しただけで、泣かれてしまう」
「教えたことをメモもとらず、何度教えても覚えようとしない」
「自分より年上の新人に対して、どう接したら良いの…?」

新人教育を担当しているとこのような悩みを持つ方は多いですよね。日々の職務に加えて、新人教育も任されて介護福祉士の皆さま、大変ご苦労さまです。

色々な問題に晒されるあまり、嫌気が指して、つい語気を強めたり、冷たく当たったりしていませんか?お気持ちはお察しいたしますが、新人と一言でいっても人間ですから、それぞれに個性があって、一筋縄ではうまくいかないのも当然です。

すべての問題をお一人で背負ってしまうのも良くありません。
プリセプター(指導者)がプリセプティ(新人)の教育に関して、プリセプターが悩み相談ができる上司や先輩・同僚も必要ですよ。

ここでは、そんなプリセプターが陥りやすい悩みや問題に関して、一つでも多く解消するお手伝いができるように、私の介護士としての経験を踏まえて、新人教育に力を入れている施設例もご紹介します。

うまくいっている施設の新人教育の仕組みと心構え!3つのチェック

では、実際に新人教育に力を入れている施設はどのような教育をしているのでしょうか。今回は、新人の離職率を抑えることに成功した施設事例も含め紹介します。

新人教育の仕組みと心構え!3つのチェック

  1. 新人全員に同じ目標を設定していませんか?
  2. 現場に入る不安感を持つ新人さんにサポートできる体制ができているか?
  3. 採用試験だけでは人物像を把握しきれない部分があることを認識しているか?

1.新人全員に同じ目標を設定していませんか?

新人教育では、よく「皆さん1週間後には夜勤ができるようになりましょう」、「3日後にはトイレ介助ができるようになりましょう」と一律の目標を掲げますよね。現場のスタッフたちは、人手が足りないので少しでも早く新人さんに独り立ちして欲しいでところ。

でも、目標を一律に設定してしまうと、スピードばかりに焦点を当ててしまいがちになります。スピードを求めて焦ってしまい、ミスや事故の原因にもなりかねません。

まずは、個別の教育プランを作成しましょう。教育チェックシートを作成し、マスターする課題を明確にしましょう。

参考になりそうなチェックシートを紹介しているサイトをシェアいたします。

介護スタッフ定着・育成インストラクター鷹取さんのブログです。鷹取さんのブログは新人さんの業務チェックシートの参考だけではなくプリセプター(新人指導担当者)学びシートも紹介されています。

新人さんだけではなく、プリセプターも気づきや反省点が明確にわかりますね。

こちらは、厚生労働省 平成 26 年度セーフティネット支援対策事業(社会福祉推進事業) の報告書です。P99の「6.介護プロフェッショナルキャリア段位制度の評価項目 」では新人さんだけではなく、ベテランスタッフでも起こりえる「うっかりミス」を防ぐチェックにもなりますね。

こちらは、社団法人全国老施協21世紀塾が作成された「新人教育プログラム」のエクセルデータのダウンロードページです。教育内容の目的、方法、期間が載っています。接遇マナー、感染症についても載っています。

ここまで完璧に実行できなくても、介護士を続けていく上では知っておくべき知識です。新人教育以外でも使いえそうですね。

2.現場に入る不安感を持つ新人にサポートできる体制ができているか?

新人は、教育期間中といえども全く新しい現場で毎日勉強し続けます。新人にとって、業務がうまくこなせなかっただけでもストレスや不安な気持ちになります。また、先輩介護士や入所者さんの何気ない一言で傷ついたり、落ち込んでしまうことも。

滋賀県にある介護施設『エーデル土山』さんは、入職者待ちが出るほどの人気介護施設です。従業員のメンタルケアにも積極的に取り組んでいます。そのうちの一つ、『トーキング』を紹介します。

毎月定例で15分程度、役職者が職員との「トーキング(個人面談)」を実施し、日頃の悩み相談だけでなく、指導や施設の思いを伝える場としている。特にメンタル不調を起こしやすい新人や人事異動者、精神疾患の既往者などには、看護師や安全・衛生管理者が面談を行い、必要に応じ産業医にも相談し、診察を受けてもらっている。

引用:ビジネスリーダーのための働き方メディア「高齢化社会はロボットが救う、人手不足の介護業界が取り組むべき20のこと」

悩みや不安を上司に伝える時間を設けて、離職率の低下に成功したエーデル土山さん。終業前の10分でもトーキングの時間を作ってみましょう。

3.採用面接だけでは人物像を把握しきれない部分があることを認識しているか?

通常、介護士の採用試験は「面接」を1回行い合否が決まりますよね。東京都町田市にある離職率5%という驚異の数字の介護施設「鶴の苑」さんでは、採用過程を重要視しています。

新卒(大学)の場合、面接が3回あります。その間、合掌苑の理念を理解してもらうために、運営施設である「合掌苑金森」、「鶴の苑」、「輝の杜」の3カ所で40時間を超える体験見学を行います。

引用:老人ホーム検索サイト「LIFULL 介護」離職率5%……鶴の苑が行った介護現場の働き方改善

 

実際に体験してもらえば、現場の雰囲気も仕事の内容もわかりますからね。入社してから「こんなはずではなかった」というギャップは格段に減ります。言葉や文章だけの説明では伝わらない現実の体験見学をした上での入社ですから、鶴の苑で働きたいという思いが強い人たちばかりが集まり、離職率も下がるというわけです。

そして入社する側のみならず、スタッフたちも一緒に働きたいと思える人かどうかの判断ができます。その後、入社してくるのは体験見学の際に顔見知りになった人たちなので、お互いに馴染みやすいという利点もあります。

引用:老人ホーム検索サイト「LIFULL 介護」離職率5%……鶴の苑が行った介護現場の働き方改善

一般の採用試験だけでは、採用した人物がどのような人か判断するのは難しいですよね。採用試験に時間をかけることで、時間をかけて現場のスタッフにも馴染んでもらっているようです。

しかし、実際はすでに採用が確定した新人さんの教育につく方がほとんど。思ったように新人教育がうまくいかないと「面接でデイサービス勤務経験があるから、これくらいはできると思った」、「もっと積極的に動いてくれると思った」と新人さんに不満を感じてしまいがちです。

他にも、新人さんが自分より年上で、指導に熱が入るあまり、相手の自尊心を傷つけた結果、反抗的な態度をとられるようになってしまう失敗パターンも要注意です!

すでに採用が決まっている新人さんに対して不満を持たないためにも、面接時の先入観にとらわれないようにしましょう。

「見て覚える」より「やって覚える」が効率的

うちの施設は入ったばかりの方には先輩がついてあげて、仕事のながれを覚えてもらって数日後から一人でどんどんやってもらいます。新人は不安もいっぱいそこを気にかけて上げるのが先輩だけど。実際自分からその仕事を愛しどんどん覚えようとしていかないと成長しません。。介護という仕事は接するご高齢者様の心身のケアだからその方の人生の一日1日を一緒に過ごさせていただくことに喜びをもってほしいなって思います。

出典元:みんなの介護コミュニティ

一昔前までは、先輩の仕事を見て覚えましたよね。しかし、「見て覚える」は教えることは、先輩介護士の介助方法を見て新人の主観で仕事を解釈してしまいます。あとになって「なんで今、その仕事をやってるの?こっちを先にやるべきだよね!?」と注意されるケースが多く見られます。

見て覚えるだけでは、仕事の意味や注意点を見逃してしまいがちですので、「やって覚える」方が身体に感覚が早く浸透します。車の運転免許を例にしてみましょう。運転免許取得する際は実技練習がありますよね。

教官の運転を見ているだけでは、ブレーキやウインカーのタイミングを覚えるのは難しいですよね。介護の仕事も同様です。見て覚えさせるのは至難の業です。食事介助や入浴介助などやり方をレクチャーしたら新人さんに実践してもらいましょう。

見て覚える式の新人に「この仕事できる?」ときくと「まだちょっと不安です」「前回見せてもらっただけです」と消極的な答えが返ってきます。このような状態では、新人の覚悟が決まるのを待たないと仕事を実践してくれません。

しかし、そんな余裕は介護の現場ではありませんよね。効率よく覚えてもらうにはトライしてもらうことが大切。新人には「失敗したらどうしよう」という不安がつきものです。新人に仕事をやってもらうときは必ず押さえておきたいポイントがあります。

「やって覚える」で大切なポイント

  • 「私が責任取るからやってみて」と失敗した際の責任の所在を明確
  • 新人さんがトライしている間は必ず付き添うこと

「まずはやってみて」とその場を離れて別の仕事をしようとする先輩介護士もいますが、教育期間中は必ずそばにいましょう。新人教育で陥りやすいミスは新人さんを放置してしまうことです。

「放置」と「見守る」は違います。

やって覚える方法なら、仕事の実感や達成感を得ることができます。

新人教育はゴールした後が肝心

新人教育を一通り終えてやっと一息。と、思ってしまいがちですよね。しかし、研修を終えたのも束の間、辞めてしまう新人も少なくありません。「平成27年転職者実態調査」によれば、1年間で、別の事業所へ転職した人は全従業者の1割を超えています。

ほとんどの新人教育は、2週間~1ヶ月程度で終了します。「新人教育」だけであればこれで終了ですが、「辞めない新人教育」で大切なのは研修後です。教育を終えた新人のケアで新人さんお仕事への意欲が大きく変わります。

新人教育後のよくある不安

  • 周囲としっかり馴染んで仕事できているか
  • 「先輩職員によって、教える内容がバラバラでどうしてよいか分からない!」と悩んでいる
  • 専門用語がわからず、また、申し送りなどの利用者に関する情報が早すぎてついていけない

新人は、新人教育終了後に様々な不安にぶつかるようですね。

新人教育の達成度チェック

では、新人教育の本当のゴールはどこにあるのでしょうか。新人が教育内容が、本当に身についているかどうか判断する達成度をご紹介します。

  • 達成度1:理解している
  • 達成度2:即した行動ができる
  • 達成度3:体現できている
  • 達成度4:人に教えることができる
  • 達成度5:更なる良いシステムを提案できる

一般的に、業務をこなすには達成度3のレベルが必要です。新人教育では教えたことに対して、最適な行動(介助)ができる事が大切ですよね。新人は、新人教育を終えた時点で達成度2まではクリアしておくことが必要です。現場に出て達成度3、4にレベルアップしていくでしょう。

介護士こそ不滅の職業!未来の介護業界はあなたの新人教育にかかっている

新人に優しくお仕事を教えてくれる職場なんてありません。
自分からアピールしていかなと。
自分を良く見せようとする、そんな世渡り上手な年配の人が残る、そういうのを ずっとみてきました。

出典元:みんなの介護コミュニティ

ご紹介した新人教育の方法はいかがでしたか?せっかく新人が入ってきても、新人教育途中で辞めてしまう人はあとをたちません。介護業界は、離職率や低賃金を問題視する傾向があります。

職員の定着率が悪いと新人教育まで、手が回らず人が入れ替わってしまいます。結局、新人教育は放置され、期待の新人は中堅クラスになると辞めていってしまう・・このスパイラルを繰り返しています。

新人教育を成功させれば、今後の新人教育にも反映されより良い研修が可能になりますね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

台所のパンダ

介護士の経験は10年。 今までに採用担当、デイサービス主任、生活相談員を経験しています。 現在も子育てをしながら介護士として勤務しています。

-介護のお仕事
-, ,

Copyright© 介護イズム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.