介護系転職・求人情報・介護のお役立ちネタを発信する情報サイトです。当サイトは、10年以上介護職員として経験を積んだライターが、それぞれの立ち位置から介護業界への想いを込めて作り上げたコンテンツを中心に掲載しております。

介護イズム

介護の資格

「仕事」も「子育て」も「試験」もうまくいく!介護福祉士取得に必要な勉強期間とは

投稿日:2018年5月28日 更新日:

ヘルパーとしてスキルアップしたい!そう思ったら迷わず国家資格である介護福祉士の取得をするべきです!

介護福祉士をとれば仕事も幅が広がるだけでなく職場での信頼を勝ち取ることもできますし、こっそり転職活動を始めるときもよりよい転職先を選択することができるといったメリットがあります!

しかし「介護福祉士って国家資格でしょ?難しいんじゃあ・・・」と思っている方はたくさんいます。アナタももしかしてそうなのでは?

ここでは介護福祉士の受験方法や試験に向けての勉強期間などについて、仕事と子育てを両立しながら受験して、みごと合格した私が皆さんに分かり易くお伝えします!

介護福祉士になるためには1日どれくらい勉強しなくちゃダメ?

介護福祉士試験に合格した勝者のみなさんは、1日一体どれくらい勉強をしたのでしょうか?

介護福祉士試験は殆どの受験者が働きながら勉強して試験当日を迎えます。
みなさん働いている施設もバラバラ、境遇もバラバラなので、じつは「1日〇時間勉強すれば受かる!」確固たるデータは存在しないんです。

「1日3時間勉強して受かった!」という人もいれば「1日何時間なんて決めていなかった」という人もいるし「毎日できなかったけど受かった」という人も。

私自身はというと、共働きで子育てと仕事を両立しながら、勉強時間は1日2時間と決めていたのですが、子供が熱を出したり宿題を夜遅くまで手伝ったりしているうちに勉強時間すら取れない日もありました。

何月何日までにこの範囲の勉強を終わらせる!という計画まで立てていたのですが、1カ月としないうちに計画は崩れていったんです。

こうして私は1日〇時間という計画ではなく「できるときにできるだけ勉強しておく!」という勉強法で介護福祉士試験に合格しました。

ちなみに私はサービス提供責任者というヘルパーさんの仕事のあっせんや、実際に自分も高齢者宅へ訪問に行くお仕事を、週4~5で9時~17時までやりながら合格しました。

夜勤のある施設で働くヘルパーの友人は私より勉強する時間が無く、2回目の受験でやっと合格していました。

働く環境の違いや、家庭環境(子供や同居家族の有無)によっても、日々の勉強時間は異なります。

一体いつから勉強を始めたらいいの?具体例

試験日の何か月前から試験勉強を始めるのが適切か?というと、これもまた過去の合格者の声はみなさんバラバラ。

私が職場の同僚や後輩、介護関係の友人から聞いた勉強プランで1番多かったのが「試験月の3か月前から、1日1時間目安」でした。

これぐらいの勉強プランが仕事と勉強を両立しやすいんです。私の場合は子どもがいたためで3カ月間だけの勉強では不安だったので、約半年間の勉強期間を設けました。

しかし実際に集中して勉強できたのは試験3ケ月前からだったので、長く勉強期間を設けることが必ずしもいいとは限りません。

これくらい勉強したら受かる!という目安は無い

次に勉強量ですが、これは個人差があるので誰でもこれだけ勉強すれば合格できる!とは言えません。

集中力・暗記力・暗記したことを覚えていられる期間などにも大いに個人差があって、勉強量がすべてではないからです。

また問題の中には毎年介護保険法や障がい者保護法といった難しい法律関係の問題も出題されます。
ほとんど暗記なのですが馴染みのない言葉が難しく時間を多く消費しないと覚えられないという人がほとんどです。

反対に、普通にヘルパーをやっていれば職場で得た知識だけでカンタンに正解できる問題もあります。

また受験用のテキスト(市販されています)の通りに最初のページから暗記していったとしても・・・覚えたては完璧!でもテキストの後半に差しかかると最初の方に暗記した事を忘れてしまっていたりなど、馴染みのない問題が多い上にとにかく出題範囲が広いので、何回も復習することが必勝のポイントです。

勉強量に関しては先に過去問題集にて自分がどれくらいできるかをテストし、それから決めていくとうまくいきますよ!

申し込み期間や試験日から逆算して勉強をスタート!

全国一斉に行われる介護福祉士試験は、年1回1月に実施されるのみです。申込期間が限られていますので、はやめに準備しましょうね。

勉強期間を設けるときは、家族の入院や自身のケガなど、イレギュラーに備えられるようにゆとりを持った勉強計画にしましょう!

また介護福祉士対策講座といったスクールに通うのも1つの方法。最新の試験情報などゲットできるので、受験に有利です。

まとめ

介護福祉士の試験に合格するための勉強期間については、1日何時間勉強すれば合格する!とは言い切れません。

また仕事をしながら受験するのであれば、職種によって勉強時間の調整が難しかったりすることもお分かりいただけたかと思います。

勉強期間にはなるべく余裕を持ち、自分に合った勉強法で試験に臨みましょう!

関連記事:
100%介護福祉士試験に受かる方法と大切な心構え

当サイトで調査したおすすめの転職エージェントサイト・派遣会社サイトのランキングをまとめました!
介護の転職やお仕事探しにお悩みの方は、ここから登録することをオススメします。

オススメの介護系派遣会社はこちら!

1位.スタッフサービスメディカル

↓ 公式サイトを見てみる ↓

スタッフサービスメディカルはほぼ日本全国でオススメ!

スタッフサービスメディカルは、ほぼ全国に事業所を保有する大手です。

スタッフサービスメディカルの取り扱う求人は、ほとんどの都道府県で幅広く取り扱っているので、以下エリアで就職・転職をご検討されている方は登録利用を検討した方が良いでしょう。

  • 首都圏・関東エリア…東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・茨城・群馬
  • 関西エリア…大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀
  • 東海エリア…静岡・愛知・三重・岐阜
  • 北陸・甲信越エリア…長野・富山・新潟・石川・山梨・福井
  • 九州・沖縄エリア…福岡・熊本・宮崎・鹿児島・大分・長崎・佐賀
  • 中国・四国エリア…広島・山口・岡山・愛媛・香川・島根・徳島・鳥取・高知
  • 北海道・東北エリア…北海道・宮城・福島・山形

スタッフサービスメディカルに登録するメリット

繰り返しになりますが、スタッフサービスメディカルは全国各地に豊富な求人を保有しているので、介護派遣のお仕事をしたい方すべてにオススメできる大手人材派遣会社です。

スタッフサービスメディカルは、無資格・未経験の業界初心者のサポートに力を入れているのが特徴です。
登録者の半数を超える55%が他業種からの転職組であり、派遣として働く人たちは20代から60代以上と幅広い年齢層が活躍しているので、介護知識・経験が全くのゼロの方でも、安心して登録できます。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

2位.きらケア派遣

きらケア派遣は、転職業界で高い実績のあるレバレジーズキャリアが運営する、介護系求人を取り扱う派遣サイトです。

登録対応地域は、北海道・宮城県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・静岡県・大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・広島県・福岡県になっていますが、年々拡大傾向にあります。

およそ20,000件以上の公開求人だけでなく、派遣登録者限定に紹介される非公開求人も取り扱っているため、なかなか希望に合う求人が見つからない方にオススメの派遣サイトですね。
時給1,700円以上の好条件求人を取り扱っているので、派遣で働くなら登録しておきたい人気の派遣会社です。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

オススメの介護系転職エージェントはこちら!

1位.マイナビ介護職

「マイナビ介護職」は、求人サイトでお馴染みのマイナビが運営する転職エージェントサイトです。

大手マイナビならではの情報収集力によって、求人の質が良く、結果的に多くの求職者から支持を集めています。

対象地域は、東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫になります。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

2位.きらケア(正社員紹介)

レバレジーズキャリアの運営する転職エージェントサイト「きらケア」では、求職者の細かいこだわり条件にも対応できる豊富な求人を取り揃えています。
とくに、介護の転職でネックとなる施設内の人間関係に関する情報において、担当エージェントが網羅しているため、ブラック施設へ入所するリスクを最小限に抑えることができます。

面接の場において、自分からは言いだしづらい待遇面の交渉に関しては、担当エージェントと無料登録後に行うヒアリングで、あなたの希望条件を細かく伝えるだけで、後の交渉は代行してもらえるメリットがあります。
「なるべく転職活動で失敗はしたくない」と考えている方に、きらケアへの登録はオススメできますね。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

3位.スマイルサポート介護


スマイルサポート介護は、国内最大級の求人数を保有していると言われている、最大手の転職エージェントサイトです。
もちろん、ウェブ上では非公開の求人も、登録後は紹介を受けることが可能です。

求人は、正社員求人だけでなく、派遣やパート、契約社員や紹介予定派遣まで、あらゆる雇用形態の求人を取り扱っているため、幅広いニーズに応えられるところが特徴ですね。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

 

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区

↓ 応援クリックお願いします! ↓

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fnao

介護士としての経験は、グループホーム2年・有料老人ホーム2年・デイサービス2年・訪問介護4年・サービス付き高齢者住宅2年と多岐にわたります。 スキル➡介護福祉士、介護予防運動指導員

-介護の資格
-

Copyright© 介護イズム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.