介護系転職・求人情報・介護のお役立ちネタを発信する情報サイトです。当サイトは、10年以上介護職員として経験を積んだライターが、それぞれの立ち位置から介護業界への想いを込めて作り上げたコンテンツを中心に掲載しております。

介護イズム

介護の転職

介護士は定年まで働けるのか?定年までにすべきこととは!?

投稿日:

「介護士っていつまで働けるのか」このような疑問をもつ方は多いですよね。
20代、30代なら問題なくこなせた仕事も50代、60代となると身体がついていかなくなりますよね。
平成29年度「事業所における介護労働実態調査」によると、『身体的負担が大きい(腰痛や体力に不安がある)』と答えた入所型施設の介護士は43.4%でした。
しかし、『今の仕事を続けたい』介護士は53.8%もいました。
できれば、今の仕事を定年まで続けたいですよね。
では、現実的に定年まで介護士を続けることはできるのでしょうか。

介護現場は定年まで働けるのか

疲労

正社員の場合、定年が60歳ですが60歳を過ぎても現場で20代、30代と同様に働いている人は少ないです。
介護職は、体力勝負の仕事です。
60歳まで、重たい利用者さんを持ち上げたり、お風呂に入れたりする業務はボディメカニクスを利用しても腰痛の原因になりかねません。

人手不足の業界なので「もう定年近いから、少し身体に負担の少ない業務に」ということは難しいのが現状です。
20代でも50代でも業務は同じです。
介護士は、定年まで働くことは可能ですが激務に耐える体力の維持が必要になります。

定年を過ぎたらどうしたらよいのか?

契約書と握手

介護業界では、60歳を迎えて退職する方は少ないです。
60歳で定年になった正社員は、雇用形態を変えて継続して仕事をしている方が多くみられます。
正社員から、嘱託社員(しょくたくしゃいん)になって働き続けています。

事業所側も、改めて求人費をかけて新入社員を募るよりも、今いる介護士を1人でも多く置いておきたいのです。
また、定年を迎えた介護士自身も今までの経験を活かし「働きたい」と思う方が多くみられます。
働くペースを変えることで、定年後も現場に残って仕事を続けています。
多くの事業所は、正社員の定年後の雇用延長制度として嘱託社員や再雇用を行っています。

定年前に取得しておいた方が良い2つの資格

体力さえあれば、続けられる介護士ですが、実際には身体を壊したり夜勤が体力的に厳しくなるなどの理由で業務の継続が難しくなることもあります。
そんな時、取得しておくと介護業界で体力的に無理のない仕事を続けられるのが『介護福祉士』、『ケアマネージャー』です。

介護福祉士を持っていれば日勤だけの業務もあり

5時

介護福祉士が、一定数在職していると事業所側に入る収入がアップする『サービス提供強化加算』という制度があります。
事業所側も、勤務日数が少なくても介護福祉士は一人でも多く働いていて欲しいのです。

実際に、筆者の職場でも定年を迎えた介護福祉士の正社員介護士が、夜勤のある入所施設からデイサービスに異動して嘱託社員になっている方がいます。
夜勤がなく、日曜休みなので体力的にも負担が少なく働けているようです。
その方は現在、70歳。今もデイサービスの現場で週4で働いています。

ケアマネージャーをとれば相談業務がメインになる

電話 女性

54歳です。介護の現場で6年です。入るのが遅かったのもあります。が
もう無理と思い 去年春 介護福祉士をとり秋に 介護支援専門員ケアマネに合格して今年夏 研修を終わり 地域包括支援センターに就職しました。ハッキリ言って 体力的に楽になりました。

引用元:みんなの介護

ケアマネージャーは、日勤で主に介護サービス計画(ケアプラン)の作成や担当利用者と利用サービス事業者との連絡調整などパソコン業務や相談業務がメインになります。
現場での業務とは違い、体力勝負ではなくなります。
定年前に、ケアマネージャーを取得して定年後も働きやすいケアマネージャーにシフトすることも可能です。
現在、更なる高齢化に向けて国をあげて地域包括ケアシステムの充実に力を入れています。
その人に合ったプランを作成し、サービスをつなぐケアマネージャーの価値は高まっていくでしょう。

介護業界で長く仕事をしていく上で大切なこと

犬の散歩

介護業界の人手不足は、深刻なため介護業界で失業する方は少ないのが現状です。
働こうと思えば何歳でも働くことは出来ますが、長く続けようと思うなら
身体を壊してしまうような無理をしないことが大切です。
出世するより自分の身体に無理がない仕事方法をみつけることで、介護業界で長く仕事をしていけます。

当サイトで調査したおすすめの転職エージェントサイト・派遣会社サイトのランキングをまとめました!
介護の転職やお仕事探しにお悩みの方は、ここから登録することをオススメします。

オススメの介護系派遣会社はこちら!

1位.スタッフサービスメディカル

↓ 公式サイトを見てみる ↓

スタッフサービスメディカルはほぼ日本全国でオススメ!

スタッフサービスメディカルは、ほぼ全国に事業所を保有する大手です。

スタッフサービスメディカルの取り扱う求人は、ほとんどの都道府県で幅広く取り扱っているので、以下エリアで就職・転職をご検討されている方は登録利用を検討した方が良いでしょう。

  • 首都圏・関東エリア…東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・茨城・群馬
  • 関西エリア…大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀
  • 東海エリア…静岡・愛知・三重・岐阜
  • 北陸・甲信越エリア…長野・富山・新潟・石川・山梨・福井
  • 九州・沖縄エリア…福岡・熊本・宮崎・鹿児島・大分・長崎・佐賀
  • 中国・四国エリア…広島・山口・岡山・愛媛・香川・島根・徳島・鳥取・高知
  • 北海道・東北エリア…北海道・宮城・福島・山形

スタッフサービスメディカルに登録するメリット

繰り返しになりますが、スタッフサービスメディカルは全国各地に豊富な求人を保有しているので、介護派遣のお仕事をしたい方すべてにオススメできる大手人材派遣会社です。

スタッフサービスメディカルは、無資格・未経験の業界初心者のサポートに力を入れているのが特徴です。
登録者の半数を超える55%が他業種からの転職組であり、派遣として働く人たちは20代から60代以上と幅広い年齢層が活躍しているので、介護知識・経験が全くのゼロの方でも、安心して登録できます。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

2位.きらケア派遣

きらケア派遣は、転職業界で高い実績のあるレバレジーズキャリアが運営する、介護系求人を取り扱う派遣サイトです。

登録対応地域は、北海道・宮城県・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・愛知県・静岡県・大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・広島県・福岡県になっていますが、年々拡大傾向にあります。

およそ20,000件以上の公開求人だけでなく、派遣登録者限定に紹介される非公開求人も取り扱っているため、なかなか希望に合う求人が見つからない方にオススメの派遣サイトですね。
時給1,700円以上の好条件求人を取り扱っているので、派遣で働くなら登録しておきたい人気の派遣会社です。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

オススメの介護系転職エージェントはこちら!

1位.マイナビ介護職

「マイナビ介護職」は、求人サイトでお馴染みのマイナビが運営する転職エージェントサイトです。

大手マイナビならではの情報収集力によって、求人の質が良く、結果的に多くの求職者から支持を集めています。

対象地域は、東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫になります。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

2位.きらケア(正社員紹介)

レバレジーズキャリアの運営する転職エージェントサイト「きらケア」では、求職者の細かいこだわり条件にも対応できる豊富な求人を取り揃えています。
とくに、介護の転職でネックとなる施設内の人間関係に関する情報において、担当エージェントが網羅しているため、ブラック施設へ入所するリスクを最小限に抑えることができます。

面接の場において、自分からは言いだしづらい待遇面の交渉に関しては、担当エージェントと無料登録後に行うヒアリングで、あなたの希望条件を細かく伝えるだけで、後の交渉は代行してもらえるメリットがあります。
「なるべく転職活動で失敗はしたくない」と考えている方に、きらケアへの登録はオススメできますね。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

3位.スマイルサポート介護


スマイルサポート介護は、国内最大級の求人数を保有していると言われている、最大手の転職エージェントサイトです。
もちろん、ウェブ上では非公開の求人も、登録後は紹介を受けることが可能です。

求人は、正社員求人だけでなく、派遣やパート、契約社員や紹介予定派遣まで、あらゆる雇用形態の求人を取り扱っているため、幅広いニーズに応えられるところが特徴ですね。

↓ 公式サイトを見てみる ↓

 

エリア別おすすめ派遣会社情報まとめ

首都圏地区

東海地区

関東地区

北海道・東北地区

信越・北陸地区

四国地区

↓ 応援クリックお願いします! ↓

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

台所のパンダ

介護士の経験は10年。 今までに採用担当、デイサービス主任、生活相談員を経験しています。 現在も子育てをしながら介護士として勤務しています。

-介護の転職

Copyright© 介護イズム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.