介護系転職・求人情報・介護のお役立ちネタを発信する情報サイトです。当サイトは、10年以上介護職員として経験を積んだライターが、それぞれの立ち位置から介護業界への想いを込めて作り上げたコンテンツを中心に掲載しております。

介護イズム

介護系転職サイト登録体験談

マイナビ介護職の登録利用体験談【名古屋在住30代女性H.Yさん】

投稿日:2018年5月20日 更新日:

ここでは、マイナビ介護職に登録された名古屋在住30代女性の体験談記事をシェアします。
これから、介護業界へ就職、転職を検討されている方のご参考になれば幸いです。

自己紹介

私は小学生の子供がいる30代女性です。
社会福祉協議会で相談援助業務を4年経験した後、30代で介護福祉士と社会福祉士の専門学校を卒業し、資格をダブル取得しました。

在学中に、1~2年は介護の現場を体験した上で「支援相談員」になれる「支援相談員候補」として、特別養護老人ホームの内定を頂き、卒業後は就職しました。

しかし、就職してから、当初1~2年だった介護現場経験が「3~4年はやってほしい」「5~6年は経験を積んでリーダー職を経験してからにしてほしい」と、面談のたびに伸びていきました。これでは、いつまで経っても支援相談員になれないのでは?と不安に思ったため、転職を決意しました。

特別養護老人ホームの介護職として変則勤務をこなしながらでは、小学生の我が子との時間はとても十分には取ることが出来ません。現状のまま5~6年経てばもう中学生です。

そんなわけで、転職を決意したわけですが、これまで私はハローワークや求人サイトを見て応募する転職活動スタイルをとってきました。
しかし、今回は介護福祉士の専門学校を一緒に卒業した友人から「転職エージェントってすごくいいよ」と聞いたため、初めて転職エージェントにも登録することにしたのです。

3つの転職サイトと、2つの転職エージェントに登録をしました。そのうちのひとつが、マイナビ介護職です。

公式サイトはこちら⤵

マイナビオフィスで面談することに

マイナビ転職に登録すると、その日のうちに電話が来ました。このスピーディさには驚きました。

電話では、今までの経歴や現在の職種について、転職したい理由、新しい職場に期待することなどを、担当の方が時間をかけて丁寧に聞いてくれました。
私の話に共感してくださったり、「それは辛いですね」などの言葉をかけてくださったので、安心して本音を話すことが出来ました。

普通の転職活動では、志望動機にしても面接にしても、キラキラした前向きな言葉で飾らなければいけないのですが、エージェントとのお話では、素の自分を出してもいい、正直に今の職場をやめたい理由も、新しい職場に望んでいる事も話して良いんだ、と感じてすごくほっとしたんです。

エージェントの方から、「もしよろしければ一度面談を」という話になり、次の休みの日に名古屋駅前にあるオフィスに行くことになりました。

面談に対応してくださったのは電話をしてくださった方です。ここも安心感がありましたね。面談室で簡単な経歴や職歴をシートに記入した後、エージェントの方とお話をしました。

ここでも、単に職歴だけ、学歴だけ、スキルだけを見るのではなく、私の職業観や福祉観を聞いて下さり、また仕事の事だけでなく家庭との両立の話も積極的に聞いて下さいました。

正直なところ、子持ちの女性という身で転職活動をするのは、今までかなり肩身が狭かったんです。面接の際には、必ず「お子さんが熱を出したときはどうしますか?」って聞かれますから。

私は実家も夫の実家も遠く、頼れないので、学童や病児保育を活用していくしかありません。
ただ、学童も病児保育も時間に制約があるので、いつでも預けられるわけではないし、何より出来る事なら体調の悪い子どもとは一緒に過ごしたいという思いがあります。

でも、就職面接の場では、「大丈夫です」と言わなければ落ちてしまうのではないかという不安があり、なかなか正直にそれを言うことが出来ないのです。

マイナビエージェントの方は、逆に子育てや生活について一番に気にかけてくださったので、私も正直に、「できれば子どもを一番に考えたいんです」と伝える事が出来ました。

私は事前にハローワークで気になっていた求人を持参していたのですが、エージェントの方はそれを見て「ここはオススメです。お給料は低いですが、残業もほとんどないですし、今働いている方は育児をしている方が多いので、理解があるところだと思います。」とアドバイスをくださいました。

エージェントの方は、「色んな法人様と転職のお手伝いをしてきているので、制度的な面以外にも、社内の雰囲気として育児への理解があるかどうか、わかるんですよ。」と、ハローワークや求人サイトには載っていない内部情報にも詳しい様子でした。

一番良かったな、と思うのは、「私は仕事に何を求めているのか」が面談を通じて分かったことですね。

漠然と「今の職場じゃやっていけない、転職しなきゃ」と思って始めた転職活動でしたが、具体的に私の中で「どんな職場が自分に向いているんだろう」というところまで考えられていなかったのです。

それが、転職エージェントとの面談を通じて、「自分は仕事にこういうことを求めているんだ」という事が明確になったんですよね。

話をするうちに、「できればこういう条件がいいな」というのが次々と出てきて、それを全部聞いたうえでマイナビ転職のエージェントの方は、「では、お聞きした条件に合う求人をお持ちしますので、少々お待ちください」と退室されました。

結局はハローワーク経由で転職先が決まる

実は、転職エージェントの登録と並行して、2ヶ所ハローワークを通じて応募していた求人があったのですが、エージェントの方が退室された直後に、ハローワークから応募した求人のうちの1つから、内定のお電話を頂きました。

正直なところ気まずかったのですが、エージェントの方が戻られてからそのことをお話しすると、「よかったですね!」と一緒に喜んでくださいました。
内定を頂いた法人については、「こういう法人なので、安心して働けるところだと思いますよ」と背中を押してくださいました。

せっかく条件に合うお仕事を持ってきていただいたのに、申し訳ないと思いつつも、一緒に内定を喜んでいただけて、私もとてもうれしく思いました。

今回は、結果的に転職エージェントを利用せずに再就職出来ましたが、エージェントを頼ることで、私は本当はどんな働き方をしたいのか考えるきっかけにを作ることができました。
また、マイナビエージェントの方は私の思いに寄り添ってくださったので、とても心強く感じました。

もし今後また転職する時には、またマイナビエージェントの力を借りたいと思っています。

この体験談を書いた人

  • 氏名:H.Yさん
  • お住まい:名古屋在住
  • 性別:女性
  • 年代:30代

カイゴジョブの登録利用体験談まとめ

カイゴWorkerの登録利用体験談まとめ

かいご畑の登録利用体験談まとめ

介護求人ナビの登録利用体験談まとめ

クリックジョブ介護の登録利用体験談まとめ

マイナビ介護職の登録利用体験談まとめ

キララサポート介護の登録利用体験談まとめ

ジョブメドレーの登録利用体験談まとめ

介護ワークの登録利用体験談

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-介護系転職サイト登録体験談
-, ,

Copyright© 介護イズム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.