介護系転職・求人情報・介護のお役立ちネタを発信する情報サイトです。当サイトは、10年以上介護職員として経験を積んだライターが、それぞれの立ち位置から介護業界への想いを込めて作り上げたコンテンツを中心に掲載しております。

介護イズム

介護系転職サイト登録体験談

グリーンストック登録利用体験談

投稿日:2018年5月9日 更新日:

ここでは、介護系転職サイト「グリーンストック」を利用して転職活動をされた方の体験談記事をシェアします。
介護業界で、今後就職・転職をご検討されている方のご参考になれば幸いです。

私が転職することを決めた理由

私は以前、特別養護老人ホームで5年半、パートとして働いていました。
きっかけは、次男が1歳の頃に「安定した仕事をしたい!!」と思い、介護のことなど何もわからずにハローワークで求人を見て決めました。

初めての介護で右も左もわからず、先輩方の専門用語が宇宙語に聞こえる中、何とか5年半続けられ、少しは頼りにされるようになってきました。

当初、私は何の勉強もしていかなかったので、いろいろ困りました。

介護未経験から働く方は、離床(りしょう)・臥床(がしょう)・側臥位(そくがい)・端座位(たんざい)などの体位を覚えておくと、イメージがわきやすいかと思います。

取り扱う薬は、施設によって使用する薬が違うので、介護の経験問わず、使用する度に聞いてもかまわないと思います。

介助の方法などは、10年くらいキャリアを積んだ先輩方は、手早い方法や楽な方法を知ってますから、仕事ぶりを観察したり、お昼休憩などの時間にでも、コツを聞くといいと思います。

日誌などをよく読み、わからない事は先輩に思い切って聞くことで知識は深まりますから、そのうち、申し送りの内容にもついていけるようになります。

そんなある日、ふと右のお尻に違和感を覚えました。
筋肉痛かな?と軽く考えていたのですが、どんどん痛くなり、ある朝布団から起き上がれなくなってしまいました。

病院にいくと「座骨神経痛です」と診断、仕事をしばらく休むことに。
休養後、復帰したのですが、以前のように仕事ができず、少し無理をするとたちまち激痛で歩けなくなりました。

先輩方も体の痛みと闘いながら仕事をしています。
自分だけいつまでも力仕事を免除してもらう訳にはいきませんので、退職を決断しました。

この時、私は介護福祉士の試験を受けるために実務者研修を受講していたので、試験にむけて勉強中でしたし、介護職を辞めるのは惜しい気持ちでした。

退職後は、腰への負担が特養より少ない施設でなら働けないだろうか?と思い、できるだけやってみようと仕事探しを始めました。

転職サイト「グリーンストック」さんとの出会い

自宅で横になりながら、スマホで就職情報を見るのが日課になっていました。

人手不足もあるのか、介護系の転職サイトの多さに驚きました!!
今まで転職を考えてなかったので、こんなサービスがある事も初めて知りました。

ネットで調べてみると、3つくらいに登録する方がいいという意見があったので、早速3つ登録してみました。
その中の一つがグリーンストックです。

登録から1時間くらいで電話がかかってきました。
担当の方は話を聞いてくださり、詳細は面談で話したいという事で、近くのファミレスにて待ち合わせを提案されました。
私も電話だけでなく、直接話したいことがたくさんあったので、さっそくお会いすることに。

お仕事の紹介について

待ち合わせに行ってみると、担当者さんは気さくな方でした。
面談では、現在の腰の状態と、今までの施設で辛かったことや、これくらいならできるなどの詳細を話しました。

私は身長も低いし体も華奢な方なので、最初は体位変換だけでも苦労しました。
そのうち力がついてきて、できるようになってきたのですが、やはり体格のいい男性を介助するのは大変です。

前の施設では、お風呂が古いタイプの機械浴でした。
ストレッチャーに利用者さんを乗せるのですが、ストレッチャーが上下に動かないタイプだったので、自分の肩の位置くらいのストレッチャーに利用者さんを乗せなくてはいけませんでした。

人手不足で一人一人の仕事が多くなり、一人で何人も離床・臥床しなければまわっていかない状況です。

今思えば、腰悪くして当然の環境だと思います。

体調面に加えて、子供がいるので勤務時間や休日なども限られてきます。
最終的に私の状況をまとめると、

  • 子供がいるので時間的制約があること。
  • 座骨神経痛があるので、介護度の低い人が多い施設を希望。
  • 現在は無資格ですが来月には実務者研修を終えること。

でした。

正直、腰の悪い子持ちの私にできる仕事があるのかと不安でしたし、いくつもの条件が頭の中で絡みあい、自分でもうまくまとめられなかったのですが、話しているうちに自分の状況がわかってきました。

グリーンストックの担当者さんは、私の話を真剣に聞いてくれたので、それだけでも心強かったです。

私から一通り話し終えると、担当者さんは名刺ファイルから、何枚か施設責任者の名刺を出して、それぞれの施設の特徴などを教えてくれました。
その中に自宅近くのディサービスがあったので、1度見学してみたいと伝えました。

担当の方は、その場ですぐ電話をして施設に連絡をとってくれて、私の今置かれている状況を説明してくれました。
自分で電話していたらうまく説明できなかったと思います。

そのまま、職場見学の日取りが決定して、私さえ良ければ面接も同時に行うということだったので、了承しました。

面接~採用に至るまで

後日、グリーンストックの担当者さんも一緒に、施設に見学&面接に行きました。

担当者さんもご一緒して下さったことには驚きましたが、面接では自分が伝え忘れてしまいそうになるとフォローしてくださり、助かりました。

面接を終えると、「体調のこともあるので、1日体験をしてみましょう」ということになり、無事に1日体験が終了して、採用のお話をいただきました。

採用のお話をいただいてから、なかなか入社日の連絡がこなかったので、心配になってグリーンストックの担当者さんに連絡しました。
すぐに施設に連絡を取ってくれて、入社日が決まりました。

※後からわかったのですが、紹介会社を通していると紹介料が発生するので、本社の決済作業が必要だったみたいです。

このとき、本社より「体調のこともあるので、最初は週2日から始めてみては?」と提案がありました。
ここで焦って体調を崩しては意味がないと思い、週2日から始めることにしました。

現在思うこと

前職場を退職した当時、私は突然の体調不良により、1か月くらいで転職を考えました。

退職してしばらく自宅療養ができればいいのですが、「生活と子供達の将来のためにも働かなければいけない」という気持ちから、体も不調なのに焦っていました。

実際、転職して最初は週2日でも辛かったです。
でも、無理をしなかったおかげで今は週3日に増やし、痛みもほぼなくなりました。
あのまま転職してなかったら、痛み止めを飲み続けて無理をし、体がボロボロになっていたと思います。

グリーンストックさんは地元密着型の会社なので、地元の施設を実際にまわっていて、内情などをよくわかっています。
グリーンストックさんのような、プロの方に相談できたおかげで、転職が成功しました。

最後に、グリーンストックの担当者さんが「介護業界は50歳くらいでも正社員のチャンスがある」と言っていました。
子供が大きくなって体調がよければ、またグリーンストックさんに相談に乗ってもらいたいと思っています。

公式サイトはこちら⤵


カイゴジョブの登録利用体験談まとめ

カイゴWorkerの登録利用体験談まとめ

かいご畑の登録利用体験談まとめ

介護求人ナビの登録利用体験談まとめ

クリックジョブ介護の登録利用体験談まとめ

マイナビ介護職の登録利用体験談まとめ

キララサポート介護の登録利用体験談まとめ

ジョブメドレーの登録利用体験談まとめ

介護ワークの登録利用体験談

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-介護系転職サイト登録体験談
-, ,

Copyright© 介護イズム , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.